外袋いろいろ

   P期からレコードは袋に入れられて販売されてました。

    考えるとごく当たり前のことなのですがレーベルと同様、その袋もまたメーカー・時代ごとに

様々なデザインが用いられています。

あるいはイベントや専属歌手・グループの顔やサインや宣伝(?)などにもデザインの一部が

上手く使われているものもあってコレクションしてみるのも面白いかも知れません・・・・・

 ※あえてレコードを入れた状態で写真を載せてみました

このページは

流行歌懐古館・別館 です

テキスト ボックス:                             
テキスト ボックス: 比較的初期のもの。当初は45回転を
表すマークが添えられていた
テキスト ボックス:  
テキスト ボックス: ☆ 最後までご覧いただき
ありがとうございます ☆

外袋集Aにすすむ

トップページにもどる

コロムビア

テキスト ボックス: 40年代初期。
テキスト ボックス: 40年代幅広く使われていたデザイン。
コロムビアマークはSP時代から不変。
テキスト ボックス: ポップス系などにはこんなデザインもあった。
テキスト ボックス: ステレオ録音盤が発売された頃。
40年代初頭。

テキスト ボックス: 40年代前半にあったデノンレーベル。
フォーク系の曲が多かった。
テキスト ボックス: 一見ソニーかと思われるがCBSソニー
発足前はコロムビアの一レーベルだった。
テキスト ボックス: 40年代後半から50年代はじめ頃の
デザイン。(紺地のものもある)
テキスト ボックス: 50年代前半。
テキスト ボックス: 50年代後半〜EP終焉まで。

ビクター

テキスト ボックス: ビクターEP草創期のものでSPと並列販売されていた頃。
SP時代から活躍している歌手がズラリ勢揃いだ。
(表・裏です)
テキスト ボックス: 草創期〜40年代初期のもの。
テキスト ボックス: 50年代前半。
テキスト ボックス: 左の色違い。
赤いレーベルは童謡・TV番組の
テーマソングなどで使われていたもの
テキスト ボックス: ロゴマークが変わってからEP終わりまで。
電話でヒット曲が聴けた(んだろうな)。
inserted by FC2 system